自律神経を鍛える会 » お薦め情報

お薦め情報










その他・お薦め情報


散歩で自律神経を整える

特に原因がないのになんとなく調子が悪いという状態が続いている方は、自律神経のバランスが崩れているのかもしれません。

しかしそうは言っても、じゃあどうすればいいのかというのはパッとは浮かびません。ここでは自律神経を整える方法のひとつとして、散歩をおすすめしたいと思います。

現代の生活では自律神経はどちらかと言えば活発に動く状態に傾きがちです。本来家でリラックスしている時間でも、脳への刺激の強いものに触れる機会が多いということもあります。

ですので基本的には、意識的にリラックスできる時間を作れるように生活習慣を調節していくことが、身体の活動と休息のバランスを整えていく近道です。

よく運動が良いとも言いますが、これまでほとんど運動をしていなかった人がいきなりスポーツを始めるのはなかなか難しいものです。

そこで簡単にできる運動として、5分~30分程度の散歩をするのです。この散歩を行う際のポイントは、どこかに行くという目的を持たないことです。どこかに行こうと考えてしまうと、意識がそちらに向いてしまうからです。

のんびりと歩くこと自体を散歩の目的にしてください。また、朝の散歩は、起きた後に太陽の光を浴びることができるという点でも、自律神経を整えるのに最適です。

基本的に、眠っている時というのは身体は休息しやすいように自律神経によって調整されています。なかなか起きられないというのは、自律神経が休息と活動の切り替えをしっかりできていないためです。

この切り替えをハッキリと行わせるためには、散歩のほか、深呼吸をしたり体を動かしたり、太陽の光を浴びるのが簡単かつやりやすい方法です。もちろん浴び過ぎは紫外線などの弊害もあるので、日焼け対策はしっかりとする必要があります。

また、眠る前の1時間程度はスマートフォンやテレビを見るのを止めて、脳への刺激を減らして休みやすくしておくというのも重要です。

このような方法で活発に動く状態と休息準備の状態のメリハリをしっかりつけるようにすることで、この調整能力を鍛えて体調を安定させることができるのです。