自律神経を鍛える会 » 健康維持のための睡眠とは?

健康維持のための睡眠とは?

健康を維持するためには睡眠が必要ということを知っていましたか? 健康と深い関わりがあるというのは聞いたことがある人は多いと思いますが、どのような関わりを持っているのかと「いうのがなかなかわからない人も多いと思います。

健康と深い関わりを持っている理由は睡眠をとることで免疫力が高まるからなのです。免疫力といえば病気になりにくい身体を作るためにはとても必要な力です。

睡眠不足に陥ってしまうとこの免疫力が低くなり逆に病気になりやすくなってしまうというわけです。つまり、丈夫な身体を作るためには必要不可欠なものだということがわかります。

しかし、最近は睡眠不足で悩んでいる人が多くいます。現代の日本人の多くがこのような症状に陥りこれらが病気などの原因になってしまっているのです。

睡眠不足になると免疫力低下以外にも様々な弊害が起こってしまいます。睡眠というのは身体を休めるだけと思いがちですが、実は脳も睡眠で休んでいるのです。

なので、睡眠不足になってしまうと脳がしっかりと休むことができずに判断力の低下や集中力の低下などを引き起こしてしまうことがあるのです。

このように健康だけではなく普段の生活にも影響を及ぼしてしまうほど大切なものなのです。ではしっかりと取るためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

よく勘違いしがちなのが睡眠時間を多くとればいいということです。眠る時間を多くとることは悪いことではないですが健康的かと言われればそういうわけではありません。

健康的な睡眠というのはノンレム睡眠ととレム睡眠を交互にとることだそうです。脳と体が寝ている状態がノンレム睡眠、身体だけが寝ている状態がレム睡眠です。

これらをしっかりと交互に行えば短い時間でも健康的な睡眠が出来るのです。なので、健康的に快眠をしたいと思っている方はまずはこの周期をしっかりと覚えましょう。