自律神経を鍛える会 » ストレッチ体操の種類

ストレッチ体操の種類

一言で「ストレッチ体操」と言っても、どんなことを、どの部位について行なっているか、よくわかりませんよね。

ここでは、体操の種類と中川式ストレッチングベンチの内容について、簡単に触れていきたいと思います。まず最初に紹介するのが、「スタティック」です。「スタティック」というのは、可動域(関節の動く範囲)を、ある一定の方向に向けて広げていくストレッチです。

ポーズを取って制止するような見た目になるので、みなさんがイメージする一般的なストレッチ体操になるかと思います。

ストレッチ全般に言えることですが、この「スタティック」でも全身をリラックスさせながら、行なっていくことが重要になります。また、「スタティック」には、筋肉の柔軟性を向上させる効果意外にも、精神的にリラックスさせる効果もあります。

そのことから、運動前に行うことで、精神を集中させる効果もあるのです。続いては、「バリスティック」です。

この「バリスティック」は、反動を利用して行うストレッチです。筋肉に対して、瞬間的に刺激を与えます。それを段階的に行うことで、可動域を限界まで広げながらストレッチを行なっていきます。

イメージとしては、体育の授業の前にやった、アキレス腱を伸ばすような動作を加えていきます。「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち」の掛け声でやったことのある人も多いのではないでしょうか。

注意点としては、体が温まっていない状態、筋肉が疲労している状態では、「バリスティック」は行わないようにしましょう。

その場合には、先に述べた「スタティック」などを行い、筋肉に準備をさせてから行うようにしましょう。どのストレッチにも言えることですが、正しい知識を持って行うようにしてください。下手をすると。怪我の原因にもなります。