自律神経を鍛える会 » 脊柱管狭窄症と種類

脊柱管狭窄症と種類

脊柱管狭窄症で良く耳にする種類は腰椎に起こる腰椎脊椎管狭窄症と呼ばれるものです。

この部位に起こった場合の症状としては、長距離を歩くと足がしびれて痛くなり、場合によっては歩く事が出来なくなるくらいの程までに症状が出てしまう事もあり、他にも患部に違和感を感じてしまうといった基本的に下半身に症状が出ます。

しかしこの脊柱管狭窄症には胸の胸椎と腰の腰椎そして頭の頸椎といったこれらの部位に起こる可能性があるらしいのです。

それぞれで症状も若干異なってくるとは思いますが、これらのどれか一つの部位が脊椎管狭窄症になってしまうのであれば、言い方が悪いかもしれませんがまだ軽い方であるといえると思います。

ただ怖いのがこれらの部位で一カ所ではなく、例えば腰椎と胸椎の二つが脊椎管狭窄症になってしまった場合です。

最初にも述べた通りこの病気の症状は痛みやしびれが身体に生じてしまうという事なのですが、この症状は部位が違っていても共通して似た様な症状がでてしまいます。

ただ頸椎や胸椎ですとおそらく主に上半身に症状が出て、腰椎ですと下半身に症状が出るように症状の出る部位が異なってきます。

なので、一つであればまだ症状の出る所は限られますが、例えば頸椎と腰椎が両方脊椎管狭窄症になると手足両方にでてしまうといった非常に辛い事になってしまうのです。

こういった重複してこの病気になる事を広範脊柱管狭窄症と呼ばれています。片方だけでも多少の不便は感じてしまうかもしれませんが、こういった重複して起こる場合もあるそうなのです。

しかしもしこうなってしまったとしても治療法は当然存在します。ただ症状の進行を抑える為にも多少は日常生活には煩わしいような装置を利用する事もあるかもしれませんが、悪化すると当然普通通りの生活は難しくなってしまいます。

なので、症状が酷くならない為にも身体に痛みやしびれの症状を感じたら後回しにせずに早期に医師にかかる事がやはり最善の手段だと思います。