自律神経を鍛える会 » 腰椎分離症と坐骨神経痛

腰椎分離症と坐骨神経痛

腰椎分離症が進行した場合、特に発展した症状として顕著なのが坐骨神経痛です。腰椎分離症になっても痛みが無いというケースで、坐骨神経痛が出てしまい、診察を受けたら腰椎分離症によるものだった、というパターンです。

腰椎分離症になりますと、腰椎分離した状態になり、このことで脊椎の神経を圧迫し痛みをもたらします。このケースで他の神経も圧迫されることで坐骨神経痛になる、というものです。

この症状では、臀部や太股など下肢の痛みが顕著です。特に中高年の発症では分離によるものが圧倒的です。腰椎分離症の治療法は分離した部分を元に戻すことです。つまり、分離した箇所を改善しなければ元に戻ることはできません。

重度のケースを除き、腰椎分離症、坐骨神経痛の保存療法として挙げられるのは、まず安静にすることです。患部への刺激を減らすことで自然治癒力を高めることも期待できるでしょう。

痛みには鎮痛剤を服用します。主に炎症によって痛みがでますので、抗炎症剤や消炎剤などが有効な場合もあります。また鎮痛剤などで効果がないというケースでは神経ブロック注射をもちいて緩和し、脳に伝わる情報を遮断しながら血行を高め、自然な治癒を期待します。

注射の痛みは他のものよりも強く、しかしながら腰椎分離症の症状によっては絶大な効果を期待できます。温熱療法は筋肉をほぐして血行をよくするため、筋肉も圧迫の原因になっているケースでは効果があります。

牽引は背骨を引っ張って椎間板による圧迫を軽減できますが、人によっては腰椎分離症が悪化する危険をはらみます。コルセットで患部を固定し生活できるようにし、自然治癒を期待することもしばしば行われます。

その他、運動やストレッチなどによって筋肉の低下を防ぎ、筋肉をほぐすことで腰椎分離症の改善が期待されます。痛みが無い場合には特に効果がありますので、日課にされている、という方も多いようです。リハビリの医師に勧められた場合には毎日欠かさず行うのがよいでしょう。