自律神経を鍛える会 » 腰部脊柱管狭窄症の手術について

腰部脊柱管狭窄症の手術について

もし、腰部脊柱管狭窄症と診断されて、保存療法を行っても効果がなかった場合は、腰部脊柱管狭窄症に対する手術を行うことがあります。この場合は脊柱管がどのように圧迫されているか、どの位腰部脊柱管狭窄症の症状が進行しているかといったことを正確に分析して行われます。

術式には、腰椎椎間板切除術や、腰椎後方除圧術、腰椎後方椎体間固定術などさまざま種類があります。ですがどれも専門的で言葉を聞いただけでは分からないと思います。

腰部脊柱管狭窄症で行う、腰椎椎間板切除術は脊柱管を圧迫している原因が椎間板の時、その椎間板を切除する方法です。ヘルニアの手術で行われることが多いようです。内視鏡を使った方法を行っているところもあるから、受けるときは説明をしっかり聞くようにしましょう。

しかし、手術にはどうしても入院を伴いますし、身体への負担が大きいので、出来るだけ違う方法で、腰部脊柱管狭窄症を改善していきたいところです。そこで、腰部脊柱管狭窄症を改善させる方法をここでは紹介しましょう。

それは今、とても注目をされている中川式腰痛治療法です。こちらの治療法は1日15分、30日間で腰部脊柱管狭窄症を改善させてしまう方法です。

最初は信じられないかもしれませんが、世の中には驚くべき柱管狭窄症の治療法があるのです。それを証明するかのように、30年間で50万人以上の腰部脊柱管狭窄症患者がこの中川式腰痛治療法で改善されています。

中には手術をしても改善しなかった方や車椅子生活を送られていた方など、大勢の重症患者の腰部脊柱管狭窄症が改善されています。論より証拠だと思いますので、一度、サイトをご覧下さい。多くの重症患者さんがこの治療法で改善した喜びのお声が動画でたくさん載っています。

手術を出来ればしたくないと考えている方、したけども柱管狭窄症が再発してしまった方など、ぜひ、一度試して欲しいお薦めの治療法です。