自律神経を鍛える会 » ワンルームの空室対策

ワンルームの空室対策

ワンルームマンションの空室対策は難しいといえます。一番やってはいけないことは、すぐに値段を下げて、空室を埋めてしまうことでしょう。これでは、長期間入居されると逆に損失になる場合もあります。

基本的にマイナスの要素が強い行為というのは、長続きしません。一番よく行われているのが、原状回復によるリフォームでしょう。これはどのようなものかといいますと、クロスの張替えや部屋のクリーニングや補修などです。

あまり費用がかかりませんが、それほど部屋がきれいになるわけではありません。しかし、このような簡易リフォームでは、空室対策には効かない場合があります。

不動産賃貸業者にお願いする場合に、成約時にリベートを渡すとか、あるいはフリーレントなどの様々な手法があります。しかしながら、これらの空室対策と呼ばれている対策は、あまり効果的なものではありません。

なぜかというと、本質的にはお部屋そのものに魅力がなければ、空室は埋まらないのです。ワンルームマンションは、立地を急に変えることはできません。

もちろん、新築に建てなおすなどということは、費用対効果からみてもあまりにも無駄の多い投資であるといえます。建て替える場合は、資金回収をした後でなら、まだ効果的だといえます。

しかし、投下資本を回収していなければ、さらに資金を投入することになり、負担が二倍以上になりますます儲からないといったことになります。そこでワンルームマンションの空室対策こそ、リノベーションが有効なのです。

まさにリノベーションなくして、ワンルームマンション投資事業はありえないと思います。当然資産価値の向上による売却価格増加も見込むなら、長期投資として成り立ちます。

これこそがリノベーションをお勧めする理由なのです。赤字経営が続くワンルームマンション投資家は、リノベーションを一度検討してみることをお勧めします。