自律神経を鍛える会 » 変形性膝関節症と入浴

変形性膝関節症と入浴

変形性膝関節症の症状には痛みの他に可動制限のようなものがあります。分かりやすいことで言うなれば正座などの窮屈な体勢など、足を屈伸する動きに制限がかかってしまうことがあります。そ

れはたまに耳にする膝に水が溜まるといった事が原因の一つでもあり、イメージとしては関節がパンパンに腫れた様なことになる事があります。

そういった事が原因で可動制限がかかってしまうのですが、これは私生活に多少の支障を与えてしまうこともあると思います。

もちろん痛みの症状も歩行することが困難に感じてしまう事もありますが、足を自由な体勢にとれないというのは辛いものがあります。

例えば入浴などに影響が出てしまう事もあると思います。家庭の浴槽のサイズには足を伸ばせる広いものから、足を曲げた状態で入る多少小柄な物までさまざまなサイズがあると思います。

仮に浴槽のサイズが小柄なタイプのものですと、変形性膝関節症の場合には辛さを感じることがあると思います。ここで入浴のために痛みを我慢するようなことはあまり良い事ではないかと思います。

変形性膝関節症の治療中である以上極力膝への負担は減らしたいものです。なので、この浴槽のサイズでは痛みを感じない程の角度で入れるだろうかという事を確認して入浴することが良いと思います。

そして気をつけたいのは浴室内での怪我です。浴槽に入る際にはまたがって入ると思いますが、膝への配慮に集中しすぎてつまずいて転倒してしまうなどのちょっとしたうっかりによって、病状を悪化させてしまうといった事は避けたいです。

こういった際に安心出来るものとしてはバリアフリー仕様の自宅だと思います。バリアフリー仕様ですと、浴槽内に手すりがあるなどとちょっとした便利な様になっているので良いです。

しかしそうでない場合は注意力を高めるのも大切ですし、誰かに手を借りるのも安全の為には良いかもしれません。回復に近づく為にも日頃の配慮は徹底するのが良いと思います。