自律神経を鍛える会 » 寝違いと健康

寝違いと健康

朝起きて首をほぐそうとしたら、突然痛みがある、つまり寝違いの症状は、成人の方であれば誰もが経験していると言えます。通常は2日~3日程度で改善しますが、場合によってはとても長い間改善しないケースもあります。

気になる寝違いの原因ですが、首筋の筋肉が緊張して炎症を起こすタイプ、また、腎臓や膀胱、腰などの健康が崩れていることが原因で起こるタイプ、の2つが上げられます。

首筋の筋肉が問題のケースは治りも早いのですが、後者の場合は一時的なものではなく健康状態に問題があるので、長引く例がほとんどです。あまりに痛む場合は、病院で診察を受けることが必要です。

腱反射などのチェックをして、正常な場合は一般的な寝違いですが、やはり痛みが大きいという場合もあり、鎮痛剤を服用したり、アイシングなどを適切に処置してもらうなどが必要になります。

まずは患部の痛みをとることが健康への第一目標です。目安としては1週間程度様子を見て、それでも痛みが取れないという場合、マッサージで血行を促進してみる場合が多いようです。しかし、マッサージも方法を誤ると健康にするどころか、かえって炎症を増大させてしまいますので注意が必要です。

健康効果が高く寝違いにも効くという方法に、整体的なストレッチ法があります。まず、足の甲をよく揉みます。そして5本の指の間を丁寧に揉み解すと、腰の辺りの筋肉が柔らかくなり、このことで泌尿器が正常化し、結果として首の炎症が和らいで健康になれます。

寝違いは、寝ている間に取る無意識のポジショニングが原因となる場合も多く、特に泥酔状態で寝ると、寝返りも不自然になりがちですので、体の一部分にだけ無意味に負担をかけて健康を損なってしまうことにもなりがちです。

寝違いとは文字通りに、寝ている間の無理な姿勢のことです。特に腕を背中の下に敷いて寝ていた場合、神経が圧迫されて、首に炎症を起こしがちです。

継続的に負担をかけるのはやはりアルコールの過度な摂取がもっとも多い原因ですので、アルコールを多く摂った夜は、できるだけ広い場所で寝るように心がけるのも大切です。