自律神経を鍛える会 » 接骨院と事故処理

接骨院と事故処理

接骨院というと、やはり交通事故に遭った場合に治療を受ける方が多くいらっしゃいます。

交通事故に遭うまでは接骨院にかかったことがなかった、という方も多くいらっしゃいますが、実際にどのようなことをすればいいのかまるで見当がつかなかった、などと話をされる患者さんはとても多いそうです。

自分はまさか遭わないだろう、これまでに全くそのようなことがなかったし、という方も多くいらっしゃいますが、このような方がまさにちょっとした不注意で交通事故を起こしてしまうと、やはりもっとも処理に手間取ってしまうパターンであると言えます。

被害者となった場合は、まず加害者を特定することが大切です。その場にいるわけですから、もちろん免許証を確認したり、その内容を控えておきます。

必要なものは、住所、名前、電話番号や、事故車両のナンバーも必要です。また状況や現場の特徴などについての記録をとっておくことも大切です。

時間帯もそうですが、できればデジカメで撮影するのがいい方法です。携帯やスマートフォンの電話機能も、普段使用しないで下げているだけ、という場合もこのときだけは役立ちます。

これらの詳細をチェックし、記録をしたら、後はできるだけ早く警察に連絡をします。保険の手続きを急いでしまう方もいらっしゃいますが、証明がなければ届け出は不可能です。

できれば現場で処理することが一番です。警察に電話をすればよほどのことが無ければ駆けつけてもらえます。

もちろんできるだけ早く接骨院に行き治療を受けるに越したことはありません。また、症状がとても遅くなるケースが多くありますので、症状が出ないうちからきちんと接骨院などに通い、検査を重ねることは必須です。

診断書を発行してもらい、自賠責の費用請求をすることも忘れないようにしましょう。またひどい外傷を負う場合もあります。この場合はできるだけ安静を取ることも大切ですが、必要なことは必ず周囲に訴えましょう。

また、接骨院では交付するものは「施術証明書」となり、診断書とは違うので、接骨院にかかっていて診断書が必要になった場合には、接骨院で相談するようにしましょう。