自律神経を鍛える会 » 腰痛と原因、ゴルフ

腰痛と原因、ゴルフ

ゴルフは老若男女を問わず腰痛発症原因としてとても高い位置を維持していると言われています。下手でも嵌ってしまう例がほとんどですが、そのうちに腰が重くなったり、ひどい場合は急性腰痛、つまりぎっくり腰を発症する例も少なくありません。

スイングやハードな練習で腰痛の症状が出たら、まず中止することが大切です。特にスイングする際に、腰を過度に捻ってしまう場合が多いという方は、まず安静が大切です。

腰椎は軸回転が要求されますが、上から下、また下から上へと、テニスや野球などよりも回転の幅が大きく、腰椎の可動域はそれより狭いため、力を込めれば込めるほど腰痛へのダメージも大きくなりがちです。

またこのスポーツが原因で椎間板ヘルニアになる方も多いようです。背骨の間にある椎間板、つまり背骨のスムーズさを助けるための軟骨が変性を起こすと、ますます過度の伸展や屈曲には耐えられなくなり、スイングも縮小してくることがわかります。

ではこのスポーツでもっとも危険な動作とは何か、といえば、ダフリを起こすことです。

ダフリとはボールの狙ったポイントを打たずに関係ないところを打ってしまうことですが、アドレスやトップスイングはよくても、ダウンスイングまで集中ができずに肩などが下がり、ついダフってしまうという方が初心者には多く、様々なアドバイス、改善法がネットでも紹介されています。

その他には日常生活に気をつけることも大切です。物を持ち上げる場合には腰を曲げずに膝を曲げて持ち上げるようにする、など、腰よりも下肢の可動性を重視するのもポイントの1つです。

またゴルフ用具はとても大切です。自分にあったものでないと、故障を起こす確率がかなり高まります。初心者の方はサポーターを装着して試行することがお勧めです。

クラブを握らずに体力アップをし、スマートな身体、つまり減量してバランスを改善することも必要です。