自律神経を鍛える会 » フットケアと看護について

フットケアと看護について

フットケアには一般向け、高齢者のためのフットケア、糖尿病患者のためのフットケアなどに分類されると思います。看護という観点からフットケアを見ればそれは医療機関が行っているフットケアになると思います。

一般向けフットケアはフットケアサロンなどで行っているものです。サロンでは治療行為は行えません。あくまでも予防することが目的です。

それにひきかえ医療機関で行うフットケアは治療の一つとして実施しています。とくに糖尿病の看護では重要です。足のトラブルには神経を集中させます。足の僅かな傷を見過ごしたために患者さんの足を切断しなければならない事態が起きてしまうかもしれないのです。

爪切りは刃物を使うので、皮膚に傷をつけないように細心の注意が必要です。糖尿病患者さんの高齢化が進んでいるということもあって爪切りは本人ではなく家族もしくはフットケア専門の方が定期的に行うことがベストだと思います。

そして歩くことを奨励してください。高齢者はだんだん歩かなくなってしまいます。歩くことが健康を維持し、糖尿病の進行を抑える秘訣だということを歩行指導など交えて、楽しく歩かせる工夫をしてください。

また、患者さん自身もフットケアに関心を持ち、歩くことが健康を維持することだという自覚を持つことが大事です。足に細心の注意を持ってフットケアを定期的に行い、歩くことが楽しくできるようにとくに爪切りには気をつかいましょう。

健康な爪はうすいピンク色をしていますが、水虫などがあると黄色っぽくなったり、黒ずんだりしてきます。放置しておくと重大なトラブルに発展しかねません。糖尿病の看護では神経麻痺のため足に痛みがあっても気づかない場合があります。

足の異変は見逃さず早期治療をしてください。フットケアは万全でも歩くための靴がおざなりではいけません。靴のケアも同時に行いましょう。インソールを併用すると効果的です。