自律神経を鍛える会 » 解体作業について

解体作業について

リノベーションは解体作業から始まります。まずは、既存の建物の解体作業から始まる。解体作業をしてみて初めて分かることがある。古い物件になると図面が残っていなかったり、実際の状況が違っていることがあるからである。

まず、リノベーションは解体作業してみるのである。現場主義が一番大切だということがよく分かると思う。解体した空間から様々なイメージが膨らんでくることがあるので、ここで想像力を発揮することが、リノベーションの成功の秘訣である。

現場の状況に合わせて、模型やCGを使いながら、リノベーションのイメージを事前に具体化しておくこともある。

これは依頼者にどのように完成するのかを予め伝えることももちろんだが、出来るだけ最初に思っていた仕上がりと実際の完成物が違うというギャップを少なくすることでもある。

リノベーションでは一旦、スケルトン状態に解体作業をして、からっぽになった空間から何を生み出すのかは、デザイナーだけではなく、依頼主ももっとも楽しくワクワクする瞬間だといえる。

しかし、ここで夢を見ていると後になってやり直しが出来ないので、冷静に対処する必要がある。実際の現場を見ての仕様変更は、費用が大幅に超過する場合もある。

給排水・ガス配管の経路変更などは、意外とよくあるケースで費用の見積もりが甘かったりすると、予算オーバーということにもなる。

リノベーションの費用や見積もりを依頼したい方は、「リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~」で信頼できる業者を探してみることをお薦めする。

リノベーション工事の費用に関しては、現場の状態によって、工数が多くなったりすると、費用が膨らむ場合もある。だが、ビフォーアフターの感動は、適切なタイミングで工事を仕上げることで得られるものである。

住む人を感動させるために、この解体作業でしっかりと下準備をすることが大切なのである。解体作業で出てきた廃材を再利用することもある。

古いものを残しつつ、新しい斬新なデザインを取り入れたリノベーションは、居住者の過去現在未来を象徴するかのようであり、住む人がいつまでも温もりを感じられる居住空間になっていると考えられる。そして、来訪者にはいつも自分の住処を自慢できるだろう。