自律神経を鍛える会 » バリアフリーの必要性

バリアフリーの必要性

障害者にとっても暮らしやすい待ちを作るということが、みんなが幸せになる第一歩です。公共施設などで分かりやすい例として、ノンステップバスというものがあります。

これはバス乗車時の段差をなくしたもので、街を走るバスを見ていくと、ノンステップバスというものを見ることが出来るでしょう。これならば体が悪い人に対してもバスの乗降がスムーズになります。

このやり方は物理的に楽になるということではなく、精神的にも乗るときに他の人の迷惑にならないということで、障害者の精神的な安らかさをもえることができます。

これは家でも同じようなことが言えるでしょう。家庭用のエレベーターやスロープ、手摺りなど、バリアフリーを目指したリフォームでよく言われます。健常者と障害者が区別なく住む家のためには、こういったリフォームは必須です。

特に介護が必要な人が家にいるのならば、介護しやすいような家にするためのリフォームは間違いなく、必要になるでしょう。日々の生活だけでなく、精神的安定もリフォームはもたらしてくれます。